基本的に割高

マンション

マンスリーマンション選び

マンスリーマンションとは、一か月単位で契約できるマンションのことです。たいていの物件では最低半年、普通は1年から2年ほどを基本的な契約期間としており、それ以前に退去すると違約金がかかるようになっています。これは大家の都合によるもので、空き室ができるほど収入が少なくなり、コストがかさむようになってしまうためです。空き室リスクを減らすためにある程度長期に住んでもらえるようになっているのです。マンスリーマンションは、一か月という短い期間で退去することができるので、その分家賃や水道光熱費が高めに設定されています。札幌にもマンスリーマンションはいくつかありますが、いずれも札幌の平均家賃より大幅に高い金額となっています。札幌の平均家賃はワンルームでおよそ4万円ほどですが、マンスリーマンションになると8〜12万円ほどになります。ただ札幌に限らずたいていのマンスリーマンションは家具家電がついており、水道光熱費も一定額なので、初期費用は大幅に抑えられます。短期間の単身赴任などの場合はお金が節約できて無駄がないといえるでしょう。マンスリーマンションに住むのが長くなるとその分高くつくようになるので、利用する機関によって選び分けるとよいかもしれません。マンスリーマンションと一口に言っても設備やアクセス、費用はピンキリなので、いくつか比較して決めるのがおすすめです。あまり時間がない人も多いのですが、決める前に一度は内覧しておくことをおすすめします。

Copyright© 2018 注目されるシェアハウスの特徴【色々な人と繋がりを作りたい】  All Rights Reserved.